法面補強用資材

・ユニットネット工法 資材一式

伐採木を最小限に抑えて環境と景観を重視しながら強力な補強力を発揮する、ユニットネット工法の資材を施工ノウハウと共に提供しております。

鉄筋挿入工(ロックボルト)の一種であるユニットネット工法は、自然斜面をそのまま補強することが可能です。コンクリートなどで表面を抑え込む工法とは異なり、重機を使ったような切土や伐採が必要ありません。樹木の間を縫って敷設したユニットネットの交点に一定ピッチで補強材を打設することにより、補強材力が支圧板とユニットネットを通して斜面全体に伝達されることで山の滑りに対して抵抗力を発揮します。

・補強土工の新たな選択肢 "アースアンカー"

PAGE TOP