ハルクアースアンカー設置方法

アンカーを打込んで引張るだけ

ハルクアースアンカーの設置はアンカーを打込んで引張るだけです。専用のものや大型のものは必要なく、ロックボルト規模以下の設備でアンカーを設置することが可能です。打設後にアンカーを引張ることで即座に耐力の確認できると同時に補強効果が発揮されます。

アンカーロッドの接続

まず、アンカーヘッドに補強材となるアンカーロッドを接続します。

打撃用ロッドの差し込み

アンカーロッドを接続したら打設位置にアンカーをセットし、打撃用のロッド(テーパーロッド)をアンカーヘッドのテール部分の穴に差し込みます。ネジ加工などはありませんので、穴に差し込むだけです。

打撃貫入

アンカーのテール部分に差し込まれた打撃用ロッドを打撃することで、アンカーが土中に貫入されていきます。

打撃用ロッドの抜き取り

アンカーが所定深度まで貫入したら、打撃用のロッドを引き抜きます。

アンカーロック

最後に残ったアンカーロッドをジャッキ等で引張ることで、アンカーが開いて支圧抵抗を受ける姿勢にロックされます。この時点でジャッキで引張り力を確認することができます。以上でアンカーの設置及び補強が完了します。養生期間は必要ありません。

打ち込み方法

アンカーを打込む方法はアンカーヘッドサイズや地盤条件ごとに多種多様です。農場でパイプハウスを固定するような小さいアンカーなら、キャンプのペグのようにハンマーで打込んで手で引張って固定することができます。ロックボルトのように数トンの引張り力を期待するようなアンカーだと、杭打機や削岩機、バックホウでの打込みが施工性に優れています。アスファルトを砕く場合や固い地盤に打込む場合にはバックホウが最適です。

©  ユメテック株式会社 All Rights Reserved.
PAGE TOP